技能士検定よりワンランク下に位置する、標準レベルの国家試験の概要をご紹介します。

現在、厚生労働省の認可を受けて国家試験を実施しているのは、次の2団体です。

【1】日本キャリア開発協会(JCDA)
【2】キャリアコンサルティング協議会

どちらの団体で受験するかにより、試験内容や合否判定の「3つの区分」が異なります。

 学科試験 どちらの団体で受検しても、試験問題は同じです
 論述試験 団体によって、試験問題が異なります
 面接試験 団体によって、合否を判定する「3つの評価区分」が異なります

─── 面接試験の判定区分 ───
【1】JCDAの判定区分
「主訴・問題の把握」
「具体的展開」
「傾聴」

【2】協議会の判定区分
「態度」
「展開」
「自己評価」

─── 採点方法 ───
採点方法は、どちらの団体も同じ「A・B・C」の3段階で評価されます。

A=60点以上
B=40点~60点未満
C=40点以下

オール「 B(40点以上)」であれば合格。
1項目でも40点以下があれば「所要点未満」で不合格になります。

ただし、「オールB」でも、不合格になる場合があります。
なぜなら「実技試験」は、「論述試験」+「面接試験」=90点以上が合格だからです。

つまり、面接試験がオールBで「40点」だった場合、論述で「50点満点」をとらなければ、合計90点になりません。論述試験で満点をとるのは現実的ではないですよね。

現在の「論述試験の平均点」は、JCDA、協議会ともに「35点」程度。

つまり、90点ー35点=55点

ここが、キャリアコンサルタント面接試験の「最低合格ライン」です。

自分のロープレは正しいのだろうか・・・
合格できるレベルのなのか・・・
15分間で、どのような展開が必要なのだろうか・・・
問題解決はしなくていいのだろうか・・・

このような不安や疑問をお持ちの方は、「試験官と同じ視点で適切な指摘ができる講師」に、「15分間を通したロープレ」を見てもらうことをお勧めします。

マンツーマンの「個別ロープレ対策」

過去約10年間で得た「受験者2,000人以上のレポート」をもとに根拠のある指導と情報提供を行っています。

また、500人以上目にした「試験官コメント」や、学科試験の引用元である「専門家の書籍」に書かれていることが、ロープレ指導の根拠となっています。

「個別ロープレレッスン」をご希望の方は、下記よりお申し込みください。
随時、開講しています。

ロープレ試験対策 講座

「キャリアコンサルタント国家試験」
対象 国家試験を受験予定の方
内容 個別にてロープレ指導。講師がCL役を演じロープレを2回実施
各試験の「判定区分」に沿ったフィードバックと具体的アドバイス
会場 都内の会議室またはスカイプにて実施
日時 ご希望の日時にて実施(平日・土日の10時~22時)
料金 1回12,000円(90分×1回)
2回22,000円(90分×2回)
3回30,000円(90分×3回)
5回45,000円(90分×5回)





    以下、該当する部分にチェックをつけてください。

    初受験再受験有資格者
    JCDAで受験協議会で受検養成講座希望
    2回30,000円(90分×2回)企業内キャリアコンサルタント養成講座118,000円(5日間)